雨水のpH測定マニュアル

Contact Us

 調査目的:身近な環境問題としての酸性雨の実態を,自ら調査することによって把握し、
 その発生メカニズムへの理解を深める。



pHメーター 1

調査方法
  測定の準備
  雨水の回収
     レインゴーランド
      フィルムケース

  
雨水のpH測定

  次回の測定に向けて

データ登録
  

質問箱

 


  

 測 定 の 準 備

  • レインゴーランド(雨水収集用, 株式会社堀場製作所製作 )[図1]
  • pHメーター(株式会社堀場製作所製作)[図2]は,使用直前に標準液(pHpHの2種類)で校正する。
  • 導電率計[図3]は,使用直前に標準液(141μS/cm)で校正する。
click>>large click>>large click>>large
   図1    図2    図3

 雨 水 の 回 収

    レインゴーランドによる回収

    レインゴーランド (株式会社堀場製作所製作)を, 上方が開けた障害物のない場所に設置する。「雨の取り入れ口」に,幅1cmくらいに切ったトイレ ットペーパーをひっかけて,セットする。 雨が降り始めると,このトイレットペーパーが切れて, ふたが自動的に開く。
    フィルムケースまたはガラス瓶による回収

    レインゴーランドがなければ,純水で洗浄して乾燥させたガラス瓶またはフィルムケースを使ってください。

    保管チェックメモ:収集した雨を入れた容器(例:フィルムケース)に油性ペンで氏名、住所、日時を記入する。 または氏名と、住所と日時を記入したタックシールを容器に貼り付ける。

 雨 水 の pH 測 定

  • 大気中の汚染物質は、雨の降りはじめに多くとりこまれます。そのため、降りはじめの雨水(初期降雨)はやむ前の雨水より、 より強い酸性をしめすことが多いと言われています。このことから、酸性雨測定においては降りはじめの雨から、 時間をおって分離採取することが大切です。
  • レインゴーランドでは,カップ1〜カップ7まで、雨の降り始めから順に雨量1mmごとの雨を自動的に採水することが でき, 8mm以上になった雨水は,レインゴランド下部の大きなカップにたまる。 採水された初期降雨(1〜8ステップ)の酸性度と導電率を、 pHメーターと導電率計でステップ毎に測定する。第8ステップだけは,カップ8と 下の大きなカップにたまった水を混ぜ合わせて測定する。
  • 次のカップの雨水のpHを測定する前に、pHメーターの電極の先端(ガラス棒)を純水(イオン交換水)で よく洗い、ろ紙かティッシュペーパーで拭き取ってから行ってください[図4]
click>>Large
図4

 次回の測定に向けて

    レインゴーランドやpHメーターなど,測定後は蒸留水か脱イオン水で良く洗浄し,その後「雨の取り入れ口」をセットして,次の雨に備える。


Xiaomeng Sun
Biosphere Informatics Labs, Department of Social Informatics
Graduate School of Informatics, Kyoto University
 

Last updated: Jan 6, 2002