平成13年度日本水産学会近畿支部後期例会シンポジウム

近畿圏における赤潮・貝毒・アオコの問題

日 時 : 2001年12月8日(土)13時15分〜17時50分

場 所 : 大阪市立大学文化交流センター(JR大阪駅)

企画者 : 今井一郎(京大院農)・矢持 進(大阪市大工)・藤原建紀(京大院農)

13:15〜13:20 開会の挨拶 支部長 坂本 亘(京大院農)

1.概論

座 長 平田八郎(近大農)

13:20〜13:45 1.赤潮概論 今井一郎(京大院農)

13:45〜14:10 2.貝毒概論 濱野米一(大阪公衛研)

14:10〜14:20 討 論

2.陸水域

座 長 藤原建紀(京大院農)

14:20〜14:45 3.ダム湖 池田知司(関総)

14:45〜15:10 4.琵琶湖 辻村茂男(琵琶湖研)

15:10〜15:20 討 論

15:20〜15:30 休 憩

3.沿岸域

座 長 矢持 進(大阪市大工)

15:30〜15:55 5.舞鶴湾と周辺海域 西岡 純(京都水事)

15:55〜16:20 6.和歌山県沿岸域 上出貴士(和歌山水試)

16:20〜16:45 7.大阪湾 山本圭吾(大阪水試)

16:45〜17:10 8.播磨灘 西川哲也(兵庫水試)

17:10〜17:25 討論

4.総合討論 座 長 今井一郎(京大院農)

17:25〜17:50

企画の趣旨

 有害有毒微細藻が原因となる赤潮と貝毒発生は,養殖魚介類の大量斃死や,毒化に

よる二枚貝類の出荷停止を引き起こし,水産業に大きな影響を与えている.またアオ

コは利水上の大問題となっている.

 本シンポジウムでは,近畿地方における赤潮,貝毒,アオコの問題に焦点を当て,

それらの発生状況と付随する問題点を総括する.また,予発生知や被害軽減に関する

情報についても整理を行う.

 赤潮や貝毒,アオコについてこれまで集中的に取り上げた企画は無く,この企画に

よって情報提供と問題点の明確化を試み,さらに各府県機関と大学等の間の情報交換

を行う.