肉用牛研究会報

特別号 プリオンの科学

平成14年10月

(2002)

目次

第1章 BSEとは
第1節 症状                           ・・・・・・1
1.臨床症状                           ・・・・・・1
2.臨床診断                           ・・・・・・1
第2節 起源                           ・・・・・・2
第3節 部位別汚染度                      ・・・・・・3
第4節 汚染国カテゴリー                     ・・・・・・4
第5節 BSEの検査方法                         ・・・・・・7
1.	ELISA法                             ・・・・・・7
2.	ウエスタンプロット法                   ・・・・・・7
3.	免疫組織化学染色法                    ・・・・・・7
第6節 プリオン病                       ・・・・・・7
1.	プリオン病とは                      ・・・・・・7
2.	プリオン病の種類                     ・・・・・・8
(1)ヒトのプリオン病
   1)クールー
   2)クロイツフェルト・ヤコブ病
   3)変異型クロイツフェルト・ヤコブ病
   4)ゲルストマン・シュトロイスラー・シャインカー病
   5)致死性家族性不眠病
(2)動物のプリオン病
   1)スクレイピー
   2)伝達性ミンク脳症
   3)慢性消耗症
   4)牛海綿状脳症
   5)猫海綿状脳症
3.種の壁                            ・・・・・・11
4.BSEとスクレイピーの関係                  ・・・・・・12
5.BSEと変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の関連        ・・・・・・13
第7節 プリオンの科学                     ・・・・・・14
1.プリオンの概念                   ・・・・・・14
2.正常型および異常型プリオンタンパク質        ・・・・・・14
3.生体におけるプリオンの生理的意義          ・・・・・・17
4.生体における異常プリオンタンパク質の動態と体内分布 ・・・・・・17
5.プリオンの耐性                   ・・・・・・19




第2章 英国とEUにおけるBSE発生と防除対策

第1節 英国におけるBSEの発生            ・・・・・・22
1.BSE発生の時期と場所                ・・・・・・22
(1) 初期の事例                    
(2) ステント農場症候群
(3) BSE発生の確認
2.BSEの原因解明                   ・・・・・・25
(1) BSEの発症年齢
(2) 羊との接触では感染しない
(3) 牛から牛への水平感染はない
(4) 感染原因の共通点は飼料しかない
(5) 乳牛の感染が肉牛の繁殖牛より多い
(6) 子牛が感染しやすい
(7) BSE発生率の地域差は肉骨粉が原因である
3.BSEの羊スクレーピー起源説                ・・・・・・27
4.肉骨粉製造法の変化とBSEの増加             ・・・・・・28
(1) バッチ処理から連続処理へ
(2) 有機溶媒抽出の中止
第2節 BSE発生頭数の推移と防除策          ・・・・・・29
1.BSE監視システム                     ・・・・・・31
(1) 受動的監視システム
(2) 能動的監視システム
2.反芻動物への肉骨粉給与禁止               ・・・・・・31
3.肉骨粉禁止後に生まれた牛(BABs)            ・・・・・・32
4.BSE最初のパニック----1990年               ・・・・・・33
5.牛特定臓器(SBO)使用禁止               ・・・・・・33
(1) SBOとは
(2) SBO禁止後の追加措置
第3節 変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)の発生 ・・・・・・34
1.vCJDの発生                      ・・・・・・34
2.英国のvCJD患者数                   ・・・・・・34
3.英国における人へのBSE感染予防策----1996年3月まで   ・・・・・・35
(1) BSE感染牛の食物連鎖からの除外
(2) 人畜共通伝染病にBSEを指定
(3) 牛特定臓器(SBO)の食用禁止

(4) 牛頭部の肉の食用禁止
(5) MRMの禁止
第4節 英国におけるBSE撲滅体制----1996年3月以降      ・・・・・・36
1.30カ月齢以上の牛の食用禁止             ・・・・・・36
2.肉骨粉の全面使用禁止                 ・・・・・・37
3.牛頭部を含めてSBO をSBMに変更             ・・・・・・37
4.牛パスポート規則の実施                ・・・・・・37
5.BSE患畜と同時出生牛群の殺処分            ・・・・・・37
6.BSE患畜の産子の殺処分                ・・・・・・37
第5節 英国からの肉骨粉の輸出              ・・・・・・38
第6節 EUにおけるBSEの発生と防除体制            ・・・・・・39
1.BSE発生国と発生頭数                 ・・・・・・39
2.EUのBSE防除策                     ・・・・・・39
(1) 英国からの生体輸入禁止
(2) 英国からの肉骨粉の輸入禁止
(3) BSEを届出伝染病に指定
(4) 肉骨粉の処理基準
(5) 肉骨粉の使用禁止
(6) BSEサーベイランス
(7) 反芻動物由来の精製脂肪
(8) SRMの除去・廃棄
(9) 死廃畜の飼料化禁止
3.EUの国別ステータス評価                ・・・・・・41
4.BSE清浄化への道                    ・・・・・・41
(1) 国際獣疫事務局
(2) OIEのBSEへの取り組み
(3) 国際家畜衛生規約



第3章	BSEと飼料をめぐる問題

第1節 飼料安全法等による日本の飼料製造、流通上の法規制 ・・・・・・48
1.飼料安全法による飼料の品質規格            ・・・・・・49
(1) 安全性関係
(2) 品質改善関係
2.飼料安全法に基づく表示                ・・・・・・49
(1) 表示義務の内容
(2) 飼料品質表示基準
第2節 動物質性飼料の価値                ・・・・・・51
1.動物質性飼料とは                   ・・・・・・51
2.動物質性飼料の価値                   ・・・・・・51
(1) 動物性資源の産業的価値
(2) 動物性資源の飼料的価値
3.各種動物質性飼料の製造方法と成分            ・・・・・・52
(1) 肉骨粉、肉粉、タンケージ
(2) 骨粉
(3) 血粉
(4) 血漿蛋白
(5) 蹄粉、角粉
(6) 骨炭
4.牛に対する動物質飼料の栄養学的価値           ・・・・・・54
 (1) 乳牛に対する蛋白価値
 (2) 子牛に対する給与価値
 (3) 肉牛に対する給与価値
第3節 動物性飼料とBSE                ・・・・・・57
1.肉骨粉とBSE                    ・・・・・・57
2.牛脂とBSE                     ・・・・・・58
(1) 動物性油脂と規格
(2) 動物性油脂の牛における飼料価値
(3) 粉末油脂に対するBSE伝達の概念
第4節 わが国の動物性飼料使用の実態と問題         ・・・・・・59
1.わが国の肉骨粉の用途と輸入量              ・・・・・・59
(1) 肉骨粉の流通量
(2) 肉骨粉の畜種別利用状況
(3) BSE発生後の利用実態
2.動物性飼料の混入と転用の疑念              ・・・・・・61
(1) 製造・流通上の混合と混入
1) 規制に対する不遵守
2)牛用飼料への混入
3)飼料原料への混入
@魚粉への混入
A粉末油脂への混入
4)混合、混入の確認の困難性
 (2) 給与上の混合と転用
3.飼料に関する社会的問題                ・・・・・・63
(1) 法規制の不備
(2) 迅速対応の困難な業界


第4章 日本におけるBSE発生と防除対策
第1節 飼料の規制                    ・・・・・・67
1.BSE発生以前の規制 
(1) 英国でBSEがヒトに感染した可能性示唆(平成8年)以後
 (2)フランス等にBSE拡大(平成12年)以降
   1)肉骨粉等の輸入規制と給与の規制
   2)BSEに関するEUによるステータス評価
2.BSE発生以後の規制                  ・・・・・・68
(1) 国内発生に伴う法的規制の開始
(2) 規制対象動物
(3) 一時規制の解除
(4) 動物性油脂に対する規制の開始
(5) 魚粉に対する規制の開始
3.BSE法の制定                    ・・・・・・71
4.飼料に対する現在の規制状況              ・・・・・・72
(1) 国内における肉骨粉等の規制状況
(2) 海外からの輸入規制
(3)国産肉骨粉の使用規制
第2節 わが国のBSE検査のしくみ            ・・・・・・77
1.生体検査                       ・・・・・・77
 2.延髄閂(かんぬき)部の採取             ・・・・・・77
 3.スクリーニング検査                 ・・・・・・78
 4.確定検査                      ・・・・・・78




第5章 生産・流通・消費への影響

第1節 BSE発生と牛肉の生産・流通・消費        ・・・・・・80
1.牛肉消費への影響                   ・・・・・・80
(1) 牛肉の消費量と他の畜産物への影響
(2) 牛肉価格への影響
2.流通・生産への影響                  ・・・・・・82
(1) 生産流通量の変化
(2) 特定銘柄の価格高騰
3.牛肉に対する不安、不信感と社会情勢             ・・・・・・83
第2節 全牛登録制度とトレーサビリティー         ・・・・・・85
1.全牛登録制度                        ・・・・・・85
2.トレーサビリティー                     ・・・・・・86
(1) トレーサビリティーとは
(2) EUにおけるトレーサビリティーシステムとフランスでのとり組み
  1)EUにおけるトレーサビリティーシステム
  2)フランスにおけるトレーサビリティーのとり組み
(3) わが国におけるとり組みの状況と課題


索引                           ・・・・・・91


謝辞                           ・・・・・・93