Seminar 2016

Biosphere Informatics Lab.
Graduate School of Informatics, Kyoto University
Department of Social Informatics

HOME > English pages > Seminar > Seminar 2016

生物圏情報学講座では、毎週金曜日15時よりゼミを実施しております(変更の場合あり)。場所は総合研究12号館(旧工学部2号館西館)地下会議室003です。どなたでもご参加可能です。ご来聴歓迎致します。
Bioshphere Informatics Lab. hold a seminar every Friday from 3:00 p.m. at the conference room 003 of the Research Bldg. No.12 (former the Faculty of Engineering Bldg. No.2). We are pleased to welcome anyone with strong interest in our studies.

ゼミ連絡先: 辻佑一郎 (y-tsuji_at_bre.soc.i.kyoto-u.ac.jp)
Contact: Yuichiro Tsuji (y-tsuji_at_bre.soc.i.kyoto-u.ac.jp)

The second semester in 2016 (Oct. ~ Feb.)

10月14日(金) Oct. 14 Fri.
久貝 悠真 Yuma KUGAIサウンドスケープとジュゴン鳴音の音響特性の関連に関する研究Study on relation between soundscape and acoustic characteristics of dugong vocalization
高木 淳一 Junichi TAKAGI魚類の群れ行動観察のための複数個体同時測位手法の確立 -移動中の個体間距離の精度評価実験-Development of a simultaneous positioning method for observation of fish group behavior -Evaluation of distance between moving individuals-
宮崎 淳志 Atsushi MIYAZAKI哺乳類による鳥取砂丘の空間的・時間的利用と環境条件の関係に関する研究Study on the relation between the spatial and daily activity patterns of the mammals and the surrounding condition in Tottori dune
10月21日(金) Oct. 21 Fri.
白井 治彦 Haruhiko SHIRAI強磁性粉体を用いたエネルギー・ハーベ スティングの基礎的研究Fundamental research on energy harvesting using a ferromagnetic powder
プレブル ジェイソン秀樹 Jason Hideki PrebleAcoustic Monitoring of Reintroduced Bird Expansion Beyond a Predator-proof Sanctuary
10月28日(金) Oct. 28 Fri.
田畑 瑠那 Runa TABATATitle 1石垣島・西表島周辺におけるエラブウミヘビ属ウミヘビ類の行動解明Behavior of sea kraits around Ishigaki and Iriomote IslandsTitle 2鴨川におけるオオサンショウウオ超音波テレメトリー調査Tracking giant salamander at Kamogawa river by ultrasonic telemetry
11月4日(金) Nov. 4 Fri.
樋口 裕人 Yuto HIGUCHIバイオロギングを用いた東京湾におけるマコガレイの産卵回遊に関する研究Study on spawing migration of pleuronects yokomamae in Tokyo Bay by using biologging
堀江 潤 Jun HORIE魚類の摂餌生態解明のための 加速度ピンガーの開発Development of an accelerometer pinger for elucidation of feeding biology in fish
阿部 朱音 Akane ABEタイ南部イスラム漁村における漁民の漁撈実態の解明とジュゴンとのかかわりInvestigation of fishing conditions and human-dugong relations in an Islamic fishing village in the Southern Thailand
11月11日(金) Nov.13 Fri.
竹野 遼馬 Ryoma TAKENO福井県久々子湖におけるニホンウナギの利用環境についての研究Study of usage environment of japanese eel in the Lake Kugushi, Fukui, Japan
山西 悠友 Yusuke YAMANISHI森林がもつ生態系サービスの需給構造について -評価手法の開発Supply and demand structure of forest ecosystem services: development of evaluation protocol
11月18日(金) Nov. 18 Fri.
高本 悠介 Yusuke KOMOTO高度回遊魚の群れにおける光刺激への行動反応に関する研究Behavioral responses to light stimuli of highly migratory fish schools
佐野 みずほ Mizuho SANO福島の森林生態系における 放射性セシウムの動態に関する研究 -土壌中の不均質な分布について-Study on radio cesium dynamics in a forested ecosystem of Fukushima -heterogeneous distribution of radio cesium in soil-
辻 佑一郎 Yuichiro TSUJI消化管内容物分析とバイオテレメトリーによるタイ国ケンクラチャン湖における採餌生態に関する研究The study on feeding behavior of Mekong giant catfish in Kaeng Krachan reservoir, Thailand using stomach and gut contents analysis with biotelemetry
11月25日(金) Nov. 25 Fri.
久貝 悠真 Yuma KUGAIサウンドスケープとジュゴン鳴音の音響特性の関連に関する研究The study on relations between soundscape and acoustic characteristics of dugong calls
古川 元希 Genki FURUKAWA低水温下におけるマナマコApostichopus japonicusのスパゲッティタグ(非貫通)の保持率Retention rate of single spaghetti tagging at lower water temperature for Japanese common sea cucumberApostichopus japonicus
田中 広太郎 Kotaro TANAKA機械学習によるジュゴン鳴音の自動検出手法の確立Development of automatic detection method for dugong calls by machine learning
12月2日(金) Dec. 2 Fri.
北野 清晃 Kiyoaki KITANOワークショップにおける組織デザイン理論の探求Building a theory on organizational design for workshops
堀 友彌 Tomoya HORI福島県の被災漁場におけるマアナゴの生息地利用戦略Habitat use strategies of the white-spotted conger on tsunami-stricken fishing ground in Fukushima
宮崎 淳志 Atsushi MIYAZAKI哺乳類による鳥取砂丘の空間的・時間的利用と環境条件の関係に関する研究Study on the relation between the spatial and daily activity patterns of the mammals and the surrounding condition in Tottori dune
12月9日(金) Dec. 9 Fri.
田畑 瑠那 Runa TABATA石垣島・西表島周辺におけるエラブウミヘビ属ウミヘビ類の生態に関する研究Study about ecology of sea kraits around Ishigaki and Iriomote Islands
堀江 潤 Jun HORIE魚類の摂餌生態解明のための加速度ピンガーの開発Development of an accelerometer pinger for elucidation of feeding biology in fish
丸尾 優子 Yuko MARUO鮮魚流通における価格調整要因の検討Pricing factors in fresh fish distribution
12月16日(金) Dec. 16 Fri.
阿部 朱音 Akane ABEタイ南部イスラム漁村における漁民の漁撈実態の解明とジュゴンとのかかわりInvestigation of fishing conditions and human-dugong relations in an Islamic fishing village in the Southern Thailand
樋口 裕人 Yuto HIGUCHIバイオロギングを用いた東京湾におけるマコガレイの産卵回遊に関する研究Study on spawing migration of pleuronects yokomamae in Tokyo Bay by using biologging
高木 淳一 Junichi TAKAGI魚類の群れ行動観察に向けた測位精度評価及び個体間距離の誤差評価実験Evaluating accuracy of estimated distance among moving transmitters for fish school monitoring
1月13日(金) Jan. 13 Fri.
休講 No seminar
1月20日(金) Jan. 20 Fri.
プレブル ジェイソン 秀樹 Jason Hideki Preble沖縄の希少種コウモリThe Rare Bats of Okinawa
竹野 遼馬 Ryoma TAKENO福井県久々子湖におけるニホンウナギの湖岸の利用率The utilization rates of lake shore of Japanese eel in the Lake Kugushi, Japan
白井 治彦 Haruhiko SHIRAI強磁性粉体を用いたエネルギー・ハーベ スティングの基礎的研究Fundamental research on energy harvesting using a ferromagnetic powder
1月27日(金) Jan. 27 Fri.
高本 悠介 Yusuke KOMOTO光刺激に対する高度回遊性魚類キハダの群れの行動反応に関する研究The study on behavioral responses of school of highly migratory fish, yellowfin tuna to light stimulus
田中 広太郎 Kotaro TANAKA機械学習によるジュゴン鳴音の自動検出手法の確立Development of automatic detection method for dugong calls by machine learning
堀 友彌 Tomoya HORI津波被災漁場における魚類の生息地利用の解明と漁業復興に関する研究The study on habitat uses of fish in tsunami stricken fishing ground, for fishery restorations
2月3日(金) Feb. 3 Fri.
辻 佑一郎 Yuichiro TSUJI消化管内容物分析とバイオテレメトリーによるタイ国ケンクラチャン湖におけるメコンオオナマズの採餌生態に関する研究A study on feeding ecology of Mekong giant catfish in Kaeng Krachan reservoir using stomach and gut content analysis with bio telemetry
泉 美帆 Miho IZUMIバイオテレメトリーを用いた閉鎖水域におけるメコンオオナマズの水平・鉛直移動に関する研究A study on horizontal and vertical migration of Mekong giant catfish in a closed area by using biotelemetry
古川 元希 Genki FURUKAWAバイオテレメトリーによるマナマコの夏眠場所および産卵場所の特定Aestivation and spawning sites of Japanese sea cucumber determined by ultra acoustic biotelemetry




The first semester in 2016 (Apr. ~ July)

4月8日(金) Apr. 8 Fri.
白井 治彦 Haruhiko SHIRAI強磁性粉体を用いたエネルギー・ハーベ スティングの基礎的研究Fundamental research on energy harvesting using a ferromagnetic powder
4月15日(金) Apr. 15 Fri.
田畑瑠那 Runa TABATA西表島周辺におけるエラブウミヘビ属ウミヘビ類の胃内容物調査Stomach contents of Laticaudata around Iriomote Island
古川元希 Genki FURUKAWAバイオテレメトリーによる舞鶴湾におけるマナマコの行動追跡Behavior Tracking by biotelemetry of Japanese common sea cucumber in Maiduru Bay
4月22日(金) Apr. 22 Fri.
休講
5月6日(金) May 6 Fri.
樋口 裕人 Yuto HIGUCHI東京湾におけるマコガレイの産卵回遊ルートの検討Study on spawning migration route of Pleuronectes yokohamae in Tokyo Bay
高木淳一 Junichi TAKAGI魚類の群れ行動観察のための手法の確立 -超音波バイオテレメトリーによる複数同時測位-evelopment of methods observing fish group behaviour -Simultaneous positioning using ultrasonic biotelemetry system-
5月13日(金) May 13 Fri.
堀江潤 Jun HORIE腹腔内装着型加速度ピンガーのための 行動分類アルゴリズムの開発Development of an algorithm for an abdominal-mounted accelerometer pinger
辻佑一郎 Yuichiro TSUJIタイ国ケンクラチャン湖におけるメコンオオナマズの食性調査Feeding habits of Mekong giant catfish in Kaeng Krachan reservoir, Thailand
堀友彌 Tomoya HORI福島県松川浦におけるマアナゴの生息地利用戦略Habitat use strategies of white-spotted conger in Matsukawa-ura Lagoon, Fukushima
5月20日(金) May 20 Fri.
田中広太郎 Kotaro TANAKA機械学習によるジュゴン鳴音の自動抽出・分類手法の確立Development of automatic detection and classification method for dugong calls by machine learning
山西悠友 Yusuke YAMANISHI森林がもつ生態系サービスの需給構造について -評価手法の開発-Supply and demand structure of forest ecosystem services: development of evaluation protocol
高本悠介 Yusuke KOMOTO屋外飼育環境下におけるキハダ幼魚の光への反応行動の解明Behavior of juvenile yellowfin tuna responding to light change under an open sea net cage
5月27日(金) May 27 Fri.
竹野遼馬 Ryoma TAKENO福井県久々子湖における バイオテレメトリーを用いた 黄ウナギ期のニホンウナギの生息地利用特性の解明Study of behavioral characteristic of yellow-stage Japanese eel in tha Lake Kugushi, Fukui, by acoustic telemetry
長谷川文香 Fumika HASEGAWA未定undecided
6月3日(金) June 3 Fri.
丸尾優子 Yuko MARUO日本の漁業経営は成り立つのか?現状分析に基づく経営システムの提案Is Japanese fishery management going well? Proposal of management systems based on current situation analysis
白井 治彦 Haruhiko SHIRAI強磁性粉体を用いたエネルギー・ハーベ スティングの基礎的研究Fundamental research on energy harvesting using a ferromagnetic powder
6月10日(金) June 10 Fri.
佐野みずほ Mizuho SANO福島の森林生態系における放射性セシウムの動態に関する研究 - 土壌中の不均質な分布について-Study on radio caesium dynamics in a forested ecosystem of Fukushima -heterogeneous distribution of radio caesium in soil-
6月17日(金) June 17 Fri.
泉美帆 Miho IZUMIメコンオオナマズにおける持続可能な栽培漁業の確立を目的とした行動研究Behavioral research on the Mekong giant catfish for the establishment of sustainable stock enhancement
堀友彌 Tomoya HORI福島県の被災漁場におけるマアナゴの生息地利用戦略Habitat use strategies of the white-spotted conger on tsunami-stricken fishing ground in Fukushima
6月24日(金) June 24 Fri.
久貝悠真 Yuma KUGAIサウンドスケープがジュゴン鳴音の音響特性に与える影響に関する研究Study on soundscape impacts on acoustic characteristics of Dugong (Dugong dugon) vocalization
高木淳一 Junichi TAKAGI超音波バイオテレメトリーを用いた魚類の群れ行動観察のための複数同時測位手法の開発Development of a multiple simultaneous positioning method for observation of fish group behavior using an ultrasonic biotelemetry
7月1日(金) July 1 Fri.
阿部朱音 Akane ABE地域情報学の手法を用いたタイ南部イスラム漁村の複層的ジュゴン観の解明と地域間比較Investigation and interregional comparison of human-dugong relations in an Islamic village in Southern Thailand : An approach from Area Informatics
古川元希 Genki FURUKAWAバイオテレメトリーによるマナマコの生態の解明Movement tracking of Japanese common sea cucumber using biotelemetry
7月8日(金) July 8 Fri.
辻佑一郎 Yuichiro TSUJIタイ国ケンクラチャン湖におけるメコンオオナマズの食性調査Feeding habits of Mekong giant catfish in Kaeng Krachan reservoir, Thailand
堀江潤 Jun HORIE加速度データに基づくキジハタの摂餌行動分類アルゴリズムの開発Development of an algorithm for classification of feeding behavior of red-spotted grouper based on acceleration data
7月15日(金) July 15 Fri.
宮崎淳志 Atsushi MIYAZAKI哺乳類による鳥取砂丘の空間的・時間的利用と環境条件の関係に関する研究Study on the relation between the spatial and daily activity patterns of the mammals and the surrounding condition in Tottori dune
高本悠介 Yusuke KOMOTO屋外飼育環境下におけるキハダ幼魚の光への反応行動の解明Behavior of juvenile yellowfin tuna responding to light change under an open sea net cage
7月22日(金) July 22 Fri.
田畑瑠那 Runa TABATAエラブウミヘビ属ウミヘビ類の野外での行動研究およびバイオテレメトリーによる鴨川水系におけるオオサンショウウオの行動追跡Study of sea krait’s behavior in the wild environment and Movement tracking of giant salamanders at Kamogawa river by using biotelemetry
樋口 裕人 Yuto HIGUCHI東京湾におけるマコガレイの産卵回遊ルートの検Study on spawning migration route of Pleuronectes yokohamae in Tokyo Bay
7月29日(金) July 29 Fri.
長谷川文香 Fumika HASEGAWAマレーシア沿岸域におけるジュゴン母仔ペアの生息地利用特性の解明 A study on the spatial distribution pattern of dugongs' habitats in Malaysia
北野清晃 Kiyoaki KITANO組織に基づくアイデンティティの形成過程-ワークショップの自己紹介場面のエスノメソドロジー分析-The Formation Process of Organizational Identity: Ethnomethodology of Self-introductions in Workshops