測定機器の装着の方法

はじめに

測器を水圏生物に装着する際は、トラウマの可能性が少なく、生物の姿勢や浮力や運動に与える悪影響が最小限になるように装着すべきである。これらを満たすために、測器の装着による生物への影響や装着方法の違いによる生物の行動や生存率への影響などについて調査を行う必要がある。ここは、効果的かつ生物への影響を軽減できる測器装着方法の礎を築くことを目的に、測器装着に関する文献および研究会員各位が行っている測器の装着方法を紹介するページである。

 会員の皆様へ:記事の積極的な投稿・編集(特に誤りのある部分)をお願いいたします。
 ご自身のページに測器装着の項目があるかたは、このページにリンクを貼っていただくだけでも構いません。

魚類

装着方法のカテゴリ

魚類の測器の装着方法は、主に外部・胃内・腹膜腔移植に分けられる(Mellas & Haynes 1985)。

外部装着

 プラスチックケーブルタイ(インシュロック)や金属ワイヤー等を用いて、データロガーや超音波ピンガー等の測定機器を魚体に装着する方法。装着部は背鰭付近が殆どである。針を用いて魚体にワイヤー等を通す穴を貫通させる。測器との擦れ等による魚体の外傷を防ぐために、測器と魚体との間にバイオシールやスポンジ等の緩衝材を挟むこともある。魚体に穴を通すための針は、畳針や釣り針、外科手術用縫合針など様々な針が使われる。針の太さは固定器具の種類に依存する。例えば、インシュロックは小さいものでも太さは2ミリ以上あるので、釣り針や縫合針といった細い針は向いていない。固定方法は、インシュロックの場合、結節部がはじめから取り付けられている。ワイヤー等を固定するには、スリープなどの結節器具を利用する。

 nolink
kasago.gif
ステンレスワイヤー(石鯛釣用)を巻いたデータロガー(PD2-GT)カサゴにデータロガーを装着した様子。この後スリープを使って固定する
  • 外部装着の問題点として、体内に最終的に何も残さない方法がベスト。新しい方法を考案してください。日々創意工夫!!。 -- 内藤? 2006-04-19 (水) 18:11:37
  • 水中の特定の微生物で分解される生分解性のラインはどうでしょう -- 本間 友徳? 2007-11-02 (金) 20:25:06

胃内装着

腹膜腔内移植

麻酔

哺乳類

鳥類

爬虫両性類

測器装着に関する文献

魚類

Mallas E.J. & Haynes, J.M. (1985) Swimming performance and behavior of rainbow trout (salmo gairdneri) and white perch (Morone americana): effect of attaching telemetry transmitters. Canadian Journal of Fish and Acuatic Science 42: 488-493.

Mitamura, H., Mitsunaga, Y., Arai, N. & Viputanumas, T. (2006) Comparison of two methods of attaching telemetry transmitters to Mekong giant catfish Pangasianodon gigas. Zoological Science 23: 235-238.

Lucas MC (1989) Effects of implanted dummy transmitters on mortality, growth and tissue reaction in rainbow trout, Salmo gairdneri.Richardson. J Fish Biol 35: 577-587.

McCleave? JD, Stred KA (1975) Effect of dummy telemetry transmitters on stamina of Atlantic Salmon (Salmo salar) Smolts. J Fish Res Board Can 32: 559-563.

Moore A, Russell IC, Potter ECE (1990) The effects of intraperiyoneally implanted dummy acoustic transmitters on the behaviour and physiology of juvenile Atlantic salmon, Salmo salar L. J Fish Biol 37: 713-721.

Stasko AB, Pincock DG (1977) Review of underwater biotelemetry, with emphasis on ultrasonic technique. J Fish Res Board Can 34(9): 1261-1285.

トップページ


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-03-03 (水) 10:34:59 (3890d)