バイオロギングの対象分野

海洋動物の行動(Bio-Mechanics)

動物達の行動の仕組みを解きあかす

大きな水圧、光の届かない暗黒、長時間の無呼吸状態など、多くの困難の中で、肺呼吸する海洋動物は数百〜数千メートルの潜水をおこなう。潜水時の浮力の調節など、海洋での生活に対応した生体のメカニズムも、マイクロデータロガーの利用で徐々に解明されはじめている。

bimec.jpg

海洋動物の生理(Physiology)

海洋動物の生理‥生体の不思議を探る

鳥は内温動物であるにも関わらず、ウミガラスは潜水中に体温を下げていた(変温性)。酸素の補給ができない海中で、より長時間の活動を実現させるための独自の体温調節の仕組みが報告されている。飼育環境下では把握できない、フィールドでのリアルタイムの計測記録が、このような発見をもたらしている。

phys.jpg

海洋動物の社会行動(Social Behavior)

海洋動物の社会‥生きるものの意識に迫る

群の行動など、陸上動物では観察で把握できる社会的な振る舞いも、海洋動物ではほとんど何も知られていない。複数の個体にマイクロデータロガーを同時装着する方法や映像センサーの利用は、ペンギンの群行動やアザラシの子供の教育など、海洋動物の社会的な行動の研究に新しい方法を開いている。

sobeh.jpg

海洋の生物環境(Environment)

動物達が生活している舞台を知る

海洋動物の行動を探るばかりでなく、オキアミやイカ、小魚など餌生物の分布状況、さらにより低次のプランクトンの活動など、海洋深層部の環境情報を捉える。アザラシやクジラなど高次捕食動物の目を通して、リアルな生物相や海洋環境の三次元構造を理解するための、新しいアプローチが始まっている。

envi.jpg

トップページ


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-11-11 (火) 17:12:40 (1047d)