教育工学

京都大学大学院 情報学研究科 社会情報学専攻 生物圏情報学講座
Graduate School of Informatics, Kyoto University
Department of Social Informatics
Biosphere Informatics Lab.

HOME > 研究内容 > 教育工学

携帯情報端末機を用いた博物館利用者の学びに関する研究

nakagawa-research.JPG「Go!Go!ガイド」を利用する小学生博物館において来館者が展示について能動的に情報を得ることができるシステム「Go!Go!ガイド」をICタグと携帯情報端末機(以下:端末機)を利用して開発をおこなっている。
  「Go!Go!ガイド」システムを利用し、端末機に内蔵するコンテンツに焦点をあて研究を進めている。特にガイド利用者の属性に応じてどのような情報を提供するのが効果的であるのか、また、小学校等の授業において博物館を利用する場合、端末機がどのように利用できるかの試作・検討もおこなっている。



小学校における探究的な学習のための学習支援システムの開発と評価

image1.jpg学習活動支援システムの利用 探究的な学習とは、「学習者自らが課題を設定し、課題解決のために能動的に取り組み、得られた情報を整理・分析し、まとめて表現する」学習過程のことです。この学習過程を繰り返すことで、深まりのある探究活動が実現できるとされています。しかし、教育現場において探究的な学習を実施するための方法論はまだ確立されていません。
本研究では、近隣の小学校と連携し、探究的な学習活動を支援するシステムの開発と開発したシステムの教育現場への導入についての評価を行なっています。