バイオロギング&テレメトリー

京都大学大学院 情報学研究科 社会情報学専攻 生物圏情報学講座
Graduate School of Informatics, Kyoto University
Department of Social Informatics
Biosphere Informatics Lab.

HOME > 研究内容 > バイオロギング&テレメトリー

超音波テレメトリーシステムの開発

_NowPrinting.jpg写真のキャプションを入力します。

メバルの藻場利用の調査

Rockfish2.JPGアカメバル (Sebastes inermis)  メバル類、スズキ、マダイ等、多くの水産重要種がアマモ場で観察されます。これらの水産資源を持続的に利用していくためにも、アマモ場の生態系を理解したうえで保全することは重要です。しかし、既応の研究は、昼間に行われた調査をもとに藻場の姿を明らかにしたものがほとんどで、調査を行いにくい夜間の藻場の生態系に関する知見は不足しています。また、アマモ場を利用する稚魚に関しては多くの研究が行われてきた一方、大型魚類とアマモ場との関わり合いを研究した例は多くありません。
 本研究では、瀬戸内海のアマモ場の優占種であるアカメバル(成魚)を取り上げ、
①超音波テレメトリーによるアマモ場への往来のモニタリング 
Nabe.JPG超音波受信機を海中に設置②消化管内容物調査
③コドラートサンプリングによるアマモのバイオマスの季節変動調査を行い、アカメバル成魚がいつ、どのようにアマモ場を利用しているのかを調査しています。




アオウミガメの摂餌生態に関する研究

nino.jpg加速度ロガーを用いて摂餌行動をモニタリング 絶滅危惧種であるウミガメ類を保全するためには、彼らの生態をよく理解する必要があります。本研究では、ウミガメ類の頭部加速度を記録することにより、摂餌行動をモニタリングする手法を開発し、アオウミガメ亜成体が、いつ、どこで、どれくらいの時間、摂餌を行なっているのかを明らかにします。







ウミガメ類の潜水生理に関する研究

ウミガメ類は肺呼吸生物であり、潜水を行うことで海洋で生活しています。彼らはときに1時間以上も潜水しています。このような長い潜水行動は、効率よく海中で生活できるようにウミガメが生理的に適応した結果、実現されていると考えられます。本研究では、データロガーを用いて、ウミガメの呼吸行動が潜水中の活動量や肺への吸気量によってどのように変化するのかを調べています。


ロガーアオ.JPG加速度ロガーを装着したアオウミガメカメ呼吸4.JPGウミガメの呼吸する瞬間











受動的音響観察手法を用いたジュゴンの行動生態研究

図4.jpgジュゴン(Dugong dugon) ©PMBC図6.jpg水中音録音装置 AUSOMS-7図7.jpgソナグラムで見るジュゴンの鳴音


 ジュゴンを含む海産哺乳類は、ほとんどの時間を水中で過ごすために観察が難しく、その行動生態の多くは分かっていません。近年、鯨類の調査において従来の目視観察と併用して受動的音響観察が行われています。これは対象種が発する鳴き声を手がかりにして、その行動生態を調べる方法です。ジュゴンも鳴くことが分かっており、鳴き声を使って個体間コミュニケーションをしていると考えられます。
 本研究室では、受動的音響観察手法を用いたジュゴンの行動生態研究に取り組んでいます。タイのジュゴン生息海域や鳥羽水族館のジュゴン飼育水槽においてジュゴンの鳴き声を録音し、音響学的な解析を行っています。これら野生・飼育個体データから、ジュゴンがいつどこでなぜ鳴いているのかを調べています。

過去の研究

nino.jpg加速度ロガーを用いて摂餌行動をモニタリング 過去の研究は、こちら