バイオロギング&テレメトリー

Contact | Access | Japanese | English

京都大学大学院 情報学研究科 社会情報学専攻 生物圏情報学講座
Graduate School of Informatics, Kyoto University
Department of Social Informatics
Biosphere Informatics Lab.

HOME > 研究内容 > バイオロギング&テレメトリー

超音波テレメトリーシステムの開発

_NowPrinting.jpg写真のキャプションを入力します。



シロクラベラ人工種苗が捕食される要因の解明と放流技術への応用に関する研究

blackspottuskfish.jpgシロクラベラ (Choerodon schoenleinii)漁業資源の回復・管理を目的として、世界各国で人工生産された魚(人工種苗)の放流が行われています。しかし多くの場合、人工種苗は放流直後に捕食者に食べられてしまい、資源量の増加に寄与できておりません。
  本研究では、亜熱帯海域の高級魚であるシロクラベラをモデルとして、(1)人工種苗はなぜ食べられるのか、(2)どうすれば食べられなくなるのか、を明らかにすることを目的としています。私達は、バイオテレメトリー・潜水による野外での現象記述と水槽・野外での実験を適切に組み合わせて、この課題に取り組んでいます。これまでに、①シロクラベラは岩などの硬い基質の下を掘って隠れ家を作ること、②その隠れ家の利用が被食回避に有効であること、③放流前にシロクラベラを基質に慣らすことで隠れ家を作らせることが可能であり、放流後の生残率が向上すること、④同種他個体が捕食者に食べられる現場を経験させることで捕食者回避能力が向上すること、等を明らかにしました。



メバルの藻場利用の調査

Rockfish2.JPGアカメバル (Sebastes inermis)  メバル類、スズキ、マダイ等、多くの水産重要種がアマモ場で観察されます。これらの水産資源を持続的に利用していくためにも、アマモ場の生態系を理解したうえで保全することは重要です。しかし、既応の研究は、昼間に行われた調査をもとに藻場の姿を明らかにしたものがほとんどで、調査を行いにくい夜間の藻場の生態系に関する知見は不足しています。また、アマモ場を利用する稚魚に関しては多くの研究が行われてきた一方、大型魚類とアマモ場との関わり合いを研究した例は多くありません。
 本研究では、瀬戸内海のアマモ場の優占種であるアカメバル(成魚)を取り上げ、
①超音波テレメトリーによるアマモ場への往来のモニタリング 
Nabe.JPG超音波受信機を海中に設置②消化管内容物調査
③コドラートサンプリングによるアマモのバイオマスの季節変動調査を行い、アカメバル成魚がいつ、どのようにアマモ場を利用しているのかを調査しています。








アオウミガメの摂餌生態に関する研究

nino.jpg加速度ロガーを用いて摂餌行動をモニタリング 絶滅危惧種であるウミガメ類を保全するためには、彼らの生態をよく理解する必要があります。本研究では、ウミガメ類の頭部加速度を記録することにより、摂餌行動をモニタリングする手法を開発し、アオウミガメ亜成体が、いつ、どこで、どれくらいの時間、摂餌を行なっているのかを明らかにします。







ウミガメ類の潜水生理に関する研究

ウミガメ類は肺呼吸生物であり、潜水を行うことで海洋で生活しています。彼らはときに1時間以上も潜水しています。このような長い潜水行動は、効率よく海中で生活できるようにウミガメが生理的に適応した結果、実現されていると考えられます。本研究では、データロガーを用いて、ウミガメの呼吸行動が潜水中の活動量や肺への吸気量によってどのように変化するのかを調べています。


ロガーアオ.JPG加速度ロガーを装着したアオウミガメカメ呼吸4.JPGウミガメの呼吸する瞬間











受動的音響観察手法を用いたジュゴンの行動生態研究

図4.jpgジュゴン(Dugong dugon) ©PMBC図6.jpg水中音録音装置 AUSOMS-7図7.jpgソナグラムで見るジュゴンの鳴音


 ジュゴンを含む海産哺乳類は、ほとんどの時間を水中で過ごすために観察が難しく、その行動生態の多くは分かっていません。近年、鯨類の調査において従来の目視観察と併用して受動的音響観察が行われています。これは対象種が発する鳴き声を手がかりにして、その行動生態を調べる方法です。ジュゴンも鳴くことが分かっており、鳴き声を使って個体間コミュニケーションをしていると考えられます。
 本研究室では、受動的音響観察手法を用いたジュゴンの行動生態研究に取り組んでいます。タイのジュゴン生息海域や鳥羽水族館のジュゴン飼育水槽においてジュゴンの鳴き声を録音し、音響学的な解析を行っています。これら野生・飼育個体データから、ジュゴンがいつどこでなぜ鳴いているのかを調べています。


受動的音響観察手法を用いた揚子江に棲息するスナメリの行動生態研究

CIMG0333.JPGスナメリ 0807.JPG揚子江での調査風景Atag定点用.jpgA-tag (定点用)

  人間と行動圏を共有する動植物は、人間の社会経済活動の影響を大きく受けます。沿岸、河川域に生息する小型鯨類もその一つで、多くの種が絶滅の危機に瀕しています。生態情報に基づいて、適切な保全管理を行わなければなりません。
  本研究では、A-tagと呼ばれる音響機材を使い、中国揚子江中流域-ポーヤン湖接続域に生息するスナメリに、二つの受動的音響観察手法を応用して、その生態を調査しています。一つは定点式音響調査です。A-tagを固定して沈め、長期間の観察によって個体数密度変化を調べています。もう一つは曳航式音響調査で、調査船の後方からA-tagを曳航することで、個体群内の個体分布を広域的に調べています。これまでに密度や分布が季節的に変化することがわかってきました。


三次元運動を把握するためのデータロガーの開発

蝗ウ竭(驥守伐).png野生動物は生存に関する目的(摂餌・逃避・休息行動など)を達成するために様々な3次元運動を行います。もし3次元運動を把握できれば、運動の変化から動物の行動を推定することや、その行動を達成するためにどのような運動を行っているか把握することができます。このため、3次元運動を正確・詳細に把握することは、動物の生理・生態・バイオメカニクスを研究するための基礎技術として非常に重要です。しかしながら、従来のバイオロギング用データロガーでは、詳細・正確な3次元運動を把握することは不可能でした。そこで、本研究では、動物の3次元運動を詳細・正確に把握するための新しいデータロガー・解析手法を開発しています。



ニホンザルの農村依存と農業被害の実態

IMG_1625.JPG農村に出没するニホンザル                                             中山間地域に代表されるわが国の農山村では、近年高齢化、過疎化が進む中で、野生鳥獣による農業被害が深刻な問題となっている。全国における野生鳥獣による農業被害は、1980年代から一部の野生鳥獣の個体群増加とともに激化し、2000年をピークに、その後高い水準で推移してきた。農山村にとって、このような被害の発生は地域の営農意欲を低下させる一因となり、耕作の放棄、地域の衰退にもつながっている。有害鳥獣による被害の中でも、ニホンザルによる被害は、近年人間生活域である集落内で拡大しているといわれている。集落内での被害の拡大の要因として、ニホンザルが「人慣れ」し、集落への依存が高まっていることが考えられる。

  本研究では、ニホンザルのテレメトリー調査と被害実態の調査からニホンザルの農村依存がどのように起きているのか、また過去の土地利用状況の調査を通して被害がどのように変遷してきているかを明らかにする。


オオミズナギドリの鳴音解析と生態研究への応用

P5220029.JPGオオミズナギドリ         (Calonectris leucomelas)
海鳥の一種であるオオミズナギドリは日本沿岸全域に生息しています。そのため彼らの生息数を調査していくことで日本沿岸の汚染度が間接的に調べられるのではないかといわれています。
  現在オオミズナギドリを対象にして様々な調査が行われていますが、鳴き声を調査した研究はあまり進んでいません。
  本研究ではオオミズナギドリの鳴き声に焦点を絞り、鳴き声の特徴や鳴き声を用いた生息数調査方法について研究しています。




雛鳴き.jpgソナグラムで見る雛鳥の鳴音